筋トレ

短期間で腕を太くする方法!必要なのはダンベルと腕立て伏せだけじゃない!

Pocket

逞しい腕は男の憧れであり、女性からも人気の高い筋肉です。

逞しい腕を作るにはそれなりの期間のトレーニングが必要なのですが、短期間で腕をする方法があるとしたら、絶対知りたいですよね。

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私もそうです。当時は長期間筋トレを頑張る事でしか腕を太くできないと思っていたので、短期間で腕を太くする方法なんか考えもしませんでしたが、そんな方法があるなら間違いなく飛びついていました。

結論から言います。

 

短期間で腕を太くする方法はある。

 

ここでは短期間で腕を太くするために知っておくべきことをお話ししていきますね。

短期間で腕を太くする方法!まずは腕の筋肉を知ろう!

 

腕を太くするためには、まず腕にはどんな筋肉があるのかを知り、特定の筋肉をピンポイントで狙って鍛えていった方が高い効果が得られます。

そもそも腕の筋肉は身体の中では小さい筋肉に分類されるので、その中で更に小さい筋肉を鍛えても腕がすぐに太くなることはあり得ないので、大きい筋肉を狙って鍛える事が重要になります。

 

そのため、まずは腕にはどんな筋肉があるのか、そしてどの筋肉が最も大きいのかを見ていきましょう。

 

【最大の腕の筋肉】上腕三頭筋

 

上腕三頭筋は腕の筋肉の中では最大級の筋肉であり、腕の筋肉量の6割はこの筋肉が占めています。

先ほど申し上げた通り、大きな筋肉を鍛える事が腕を太くする最短のコースになるので、最優先で鍛えるべき筋肉となるのが上腕三頭筋です。

 

上腕三頭筋は主に押す動作に使われる筋肉であるためダンベルでも鍛える事は可能ですが、ナロウプッシュアップやディップスで鍛える方が効果的でしょう。

【力こぶと言えばコレ】上腕二頭筋

 

太い腕、逞しい腕と言えば真っ先にイメージされるのがこの上腕二頭筋なので、この筋肉を鍛えれば腕が太くなると思っていましたよね。

実際は腕の6割を占める最大級の筋肉は上腕三頭筋であり、上腕二頭筋はその次に大きな筋肉な筋肉です。

 

なので、上腕二頭筋ばかり頑張って鍛えていた方はいくら筋トレしても腕があまり太くならない事に悩んでいたと思いますが、上腕三頭筋と一緒に鍛える事で確実に腕は太くなります。

上腕二頭筋は引く動作に使われる筋肉なので、ダンベルカールや逆手懸垂で鍛えるていきましょう。

 

【逞しさが強調される】前腕筋

 

前腕金は肘関節から手首にかけてある筋肉で、手を開く、閉じる、手首を回すなどの動作を司り、握力はここの筋肉が影響しています。

前腕筋は小さな筋肉の集まりなので正確には前腕筋群として纏められており、最大級の筋肉ではありませんが袖まくりをした時に最も目立つのがこの筋肉で、前腕が太いと力強く逞しい印象がより強調されます。

 

もし上腕二頭筋、上腕三頭筋だけ太く逞しいけど前腕筋が細い人が居たら、「バランス悪っ!」って思ってしまいますよね。

なので、前腕を含めで腕全体をバランスよく鍛えていく事が大切になるのです。

 

【あまり知られていないかも】上腕筋

 

上腕筋は腕の表側にある筋肉なので位置的には上腕二頭筋と同じようなところにありますが、上腕筋は上腕二頭筋よりも深いところにある小さな筋肉なので、ここを鍛えて肥大させても表面上の変化はあまり見られない筋肉です。

 

必要なのはダンベルと腕立て伏せだけじゃない!

 

ここまで紹介してきた腕の筋肉で、優先的に鍛えなければならない筋肉は上腕三頭筋、次に上腕二頭筋、そして前腕筋、最後に一番目立たない上腕筋という順である事がわかりましたよね。

これらの部位を鍛えるのに自宅であればダンベルと腕立て伏せで十分に鍛えられますが、重要なのは筋トレが全てではないという事。

 

というのも、どんなに正しい筋トレをして筋肉をしっかり追い込めたとしても、プロテインによるたんぱく質の摂取を始めとした食事管理、そして筋肉の回復、成長に欠かせない休憩の取り方によっては、筋トレの努力が全て無駄になってしまう事もありえます。

まずは食事管理についてですが、ガチガチに高カロリー低たんぱくを意識した食事管理をするわけではなく、必要なのは高カロリー高たんぱくの食事。

 

と言うのも、体内で筋肉が合成されるにはたんぱく質とその倍の量のカロリーが必要となります。

カロリーを制限するのは筋肉をつけてから身体を絞る時であり、筋肉をつける段階ではカロリーオーバーの状態で過ごして体内で筋肉が作られやすい環境を作る事が重要になるのです。

 

休憩については、筋肉がトレーニングで受けた損傷と疲労をしっかり回復させる事が重要です。

筋肉の損傷と疲労が残ったままトレーニングを繰り返すと、損傷して細く弱った筋肉が更に損傷を受けて細く弱くなるので、筋肉がつくどころか衰弱して細くなってしまいます。

 

更に強引にトレーニングを続けていると、自律神経が疲弊しきって身体が回復しようとしなくなるオーバートレーニング状態になり、そのまま筋トレを続けるとますます筋肉が細く弱くなる。

短期間で腕を太くするにはダンベルや腕立てのような筋トレだけではなく、その後の食事や休憩こそが大事という事を覚えておきましょう。

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

短期間で腕を太くする方法はある。

腕を太くするためには、特定の筋肉をピンポイントで狙って鍛えていった方が高い効果が得られるため、まずは腕にはどんな筋肉があるかを知る必要があります。

 

まず最優先で鍛えるべきは腕の筋肉の6割を占める上腕三頭筋。

大きい筋肉を鍛えなければ太くなる速度は当然遅くなるので、短期間で腕を太くするためには腕の筋肉の中で最大を誇る上腕三頭筋を鍛えるのは絶対条件になります。

 

そして最も重要なのは、腕を太くするためには筋トレが全てではないという事です。

筋肉を大きくするために必要なのは高カロリー高たんぱくの食事と、筋トレ後の休憩をしっかりとる事。

 

これを疎かにすると筋肉が短期間で付くことは絶対にありませんので、しっかり覚えておきましょう。

 

大丈夫です。これを読んでいるあなたなら出来ますよ。

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング