筋トレ

筋トレしない日でも有酸素運動は毎日する?筋トレと別の日だけする?

Pocket

細マッチョを目指す上で有酸素運動を取り入れたら良いとも、筋トレとの相性が悪いからしない方が良いとも聞いたことがありませんか?両方の意見があるので、実際やるなら毎日していいのか、別の日にすればいいのかもわかりませんよね。

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私もそうです。有酸素運動した方が良いのかと思った時も、調べるほどに実際やるべきか否か分からなくなりました。

結論から言うと、

 

有酸素運動と筋トレを同じ日にするか、別の日にするかは筋トレの目的によって変化します。

 

そもそも有酸素運動を何のために行うのかという目的を理解することが大事なのです。

どういうことなのか、お話ししていきますね。

 

有酸素運動は毎日するべき?筋トレと別の日にすべき?

StockSnap / Pixabay

 

有酸素運動は筋トレする日も毎日するべきか、筋トレしない日のみするべきかという事ですが、これは目的によって変わります。

そのため、筋トレと有酸素運動の違いを簡単に説明したあと、筋トレの目的についてお話しますね。

 

有酸素運動

 

有酸素運動は息が切れない程度のゆっくりとしたペースで長く継続して行う運動の事で、酸素を使って脂肪を燃やすという事から有酸素運動と呼ばれています。

有酸素運動の特徴は脂肪燃焼の効果で、主にダイエットに取り入れられる運動です。具体的にはウォーキング、ランニング、水泳などが挙げられる。

 

筋トレ(無酸素運動)

 

筋トレは無酸素運動とも呼ばれ、短時間で大きな力を使う負荷の高い運動であり、有酸素運動と違ってエネルギーを発生するのに酸素を使わない事からそう呼ばれています。

筋トレの特徴は筋肉が付くことで、それによって基礎代謝が上がり、エネルギーを消費しやすい身体を作る事が出来る。またエネルギー源に糖を利用しているため、筋トレでは脂肪を燃やせない事も特徴と言えます。

 

筋肥大が目的の筋トレ

 

筋肥大が目的で筋トレをする場合、筋トレと同じ日に有酸素運動を行わない方が良い。筋肥大が目的で高負荷、高重量の筋トレを行う場合、いかにその筋肉を追い込むかが重要になりますので、事前に有酸素運動をすることは不必要にエネルギーを消耗する事になるので、非効率になります。

また、筋トレ後に有酸素運動をするのはとても危険です。筋肥大の筋トレを行った場合、次の一回が出来ないギリギリまで追い込むことが基本となります。その状態で有酸素運動を行うと、一部の筋肉の力が突然抜ける事があり、怪我のリスクが高くなる。

 

なので、筋肥大筋トレをする場合は筋トレと有酸素運動は別の日に行うべき。

有酸素運動には血行をよくして代謝を向上させる効果があり、それは筋肉痛の回復を早める事に繋がります。ただし、筋肉の休養日を必ず作ってやらなければ確実に負荷と疲労は蓄積されますので、筋トレも有酸素運動もしない日を必ず設けましょう。

 

ダイエットが目的の筋トレ

 

ダイエットが目的で筋トレを行う場合、有酸素運動と筋トレを同じ日に行うのは良いが、注意するべきポイントもある。それは筋トレと有酸素運動のどちらを先に実施するかという事。

脂肪燃焼の効果だけを見ると筋トレ後に有酸素運動をするべきだが、これはお勧めしません。というのも、単純に危険だから

 

脂肪燃焼だけを考慮した場合、筋トレで筋細胞内のグリコーゲンを消費させた状態で有酸素運動を行うと素早く脂肪燃焼が進むのは事実です。しかし、筋トレ後というのは筋肉を限界まで追い込んだ後であり、特に下半身を追い込んだ後にランニングが出来るか?という話になります。

結果として転倒などの怪我のリスクしかありませんし、筋トレ後はいち早くプロテインを摂取して筋肉を休ませてやるべきです。

 

また、有酸素運動を後で行う事を見越して筋トレを軽めに行うというのも非効率的です。理由は、トータルのカロリー消費量が筋トレの方が多いから。

有酸素運動はその場の運動でのカロリー消費しか行われませんが、筋トレで追い込んだ場合、超回復のために2~3日後も代謝カロリーが向上します。そのため、結果として筋トレの方が有酸素運動よりカロリーを消費するのです。

 

なので、有酸素運動を先に行ってから筋トレという順番をおススメします。

有酸素運動が体脂肪を効率的に燃焼し始めるまでに20分ほどかかるので、30分ほど息が上がらない程度の運動を行うと良いでしょう。

 

筋トレしない日は有酸素運動もしない方がいい?

Couleur / Pixabay

 

筋トレも有酸素運動もしない日は作るべきですが、必ずしも筋トレをしない日は有酸素運動もしない方がいいという訳ではありません。

先にもお話しした通り、有酸素運動には血行を良くして代謝を向上させる効果があるので、筋肉の超回復や疲労感の回復速度を速める事に繋がります。しかし有酸素運動は「運動」なので、疲労した筋肉に負荷を加える事に変わりはありません。

 

血行と代謝の促進ならお風呂に入る事やストレッチを行う事でも得られるので、筋トレも有酸素運動もしない日も必ず設けるべきでしょう。

 

1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテインとは?

 

細マッチョを目指して筋肉をつけたいなら、1日2回飲むだけでトレーニング効果を高められるHMB配合プロテインを活用すべき。

というのも、筋肉をつけるには筋肉がつきやすいようにしっかり栄養を摂る事が何よりも重要だから。

 

栄養不足の状態でトレーニングを行っても筋肉の合成を上回る速さで筋肉が分解されてしまうため、筋肉がつかないどころか、最悪の場合筋肉が落ちてしまう事も。

では、ドラッグストア等で市販されている通常のプロテインを飲めばいいのかというと、確かにたんぱく質の摂取は可能ですが、それだけでは十分な栄養を摂取出来ないため、筋肉がつきやすい身体を作るには多くのサプリで補う必要があります。

 

その点、このHMB配合プロテインならクレアチン、シトルリン、BCAA等の通常のプロテインでは補えない栄養まで豊富に含まれているため、トレーニング前と就寝前の1日2回の摂取を続ける事で筋肉がつきやすい身体になるのです。

更に、同じ内容を通常のプロテインとサプリでそろえた場合と比較すると、コストパフォーマンスが圧倒的に優れている事も魅力。

 

 

実際、私はドラッグストアで購入したプロテインを飲み続けても中々筋肉がつかなかったのですが、このHMB配合プロテインを飲むようになってからは胸板の厚み、バキバキの腹筋を手に入れ、自身をもって細マッチョと言えるボディになることが出来ました。

そんなHMB配合プロテインは、今なら公式サイトから初月50%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。

 

→“1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテイン”の公式サイトはこちらをクリック!

 

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

有酸素運動と筋トレを同じ日にするか、別の日にするかと言うのは筋トレの目的によって変化します。

筋肥大を目的とするならば筋トレとは別の日に実施するべきで、ダイエットを目的とする筋トレならば、同じ日にするべきです。そして同じ日にすると言っても順番が大事で、有酸素運動を先に行ってから筋トレを行う方が脂肪燃焼効果も高まり、怪我のリスクも少なく済みます。

 

有酸素運動には血行促進による代謝向上の効果もあるので、超回復を早めるのに有効です。

ただし、酸素運動も負荷が軽いとはいえ運動ですので、1週間に1日でも完全に何もしない休養日を設けてしっかり休む日を作ることをお勧めします。

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング