筋トレ

筋肉痛が2日続く!なかなか治らないけどいいことなの?

Pocket

筋肉痛は筋トレを行う人ならだれもが経験する事であり、逆に筋肉痛がない時は筋トレがうまくいっているのか不安になるくらい身近な存在です。

でもその筋肉痛も2日以上続くと結構辛いですよね。

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私も布団から起き上がれないほどの筋肉痛が2日以上続いたときは本当に辛かったです。

結論から言いましょう。

 

筋肉痛が2日続くのはいいこと。

 

そう、筋肉痛が2日以上続くのはいい事なのです。

今も筋肉痛で痛い思いをしているあなたからしてみれば、何がいい事だ!と思われるかもしれませんが、あなたが筋トレを行った結果として筋肉痛が2日続いているならそれはとてもいいことになります。

 

では、何故私がそのように考えるのかを筋肉痛の仕組みと合わせてお話ししていきましょう。

 

意外と知らない筋肉痛!2種類の筋肉痛を解説!

 

筋肉痛と言えば筋トレや運動をした後にくる痛みですが、実はそれが2種類ある事を知っていましたか?

筋肉痛については医学的にはっきりとした仕組みは解明されていませんが、まずは筋肉痛について知るために簡単にお話していきますね。

 

【疲労物質による瞬間的な痛み】即発性筋肉痛

 

筋肉痛には即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛の2種類があり、即発性筋肉痛は運動中や運動直後に起こる筋肉痛です。

即発性筋肉痛の原因は、筋トレや運動によって筋肉内に疲労物質である乳酸が発生し、それが原因で筋肉内が酸性に寄ってしまう事で起こるとされています。

 

身近な例を挙げると、肩こりのように血行が悪くなって感じる痛みやだるさも即発性筋肉痛の一種です。

この筋肉痛の特徴は痛みが長く続かない所で、運動をやめたりマッサージやストレッチで疲労物質や老廃物質を流してやれば痛みは引いていきます。

 

【筋繊維の回復中に起こる痛み】遅発性筋肉痛

 

遅発性筋肉痛は運動後1~2日後に発生する筋肉痛で、こちらが一般的に筋肉痛と呼ばれている方です。

遅発性筋肉痛は、運動や筋トレによって損傷した筋繊維が修復される際に発生する炎症による痛みとされており、筋トレ後の回復時に起こるので遅れて痛みがやってくるのが特徴。

 

遅発性筋肉痛は筋肉の修復中に発生する炎症による痛みですので、損傷が回復すると自然と痛みもなくなります。

この筋肉の回復には2~3日は必要で、回復後には以前より筋繊維が太く強くなる超回復が起こるため、筋トレファンの間では筋肉痛になる事がトレーニングの効果の目安であり、筋肉が成長の過程に入ったという安心感さえ感じてしまうのです。

 

また筋肉の回復期間中に筋トレを行って負荷をかける事は、修復中の筋繊維を更に破壊する事になりますので原則としてやめておきましょう。

 

筋肉痛が2日続く!治らないのは実はいいこと!

 

筋肉痛が2日以上続いてなかなか治らない事は、筋肉痛になっている側からしたら辛い事ですよね。

しかし、筋肉痛が2日以上続いているのは実はいい事なのです。

 

その理由が、筋トレでしっかり筋肉を追い込めた証拠であること。

筋肉痛は筋トレや運動で筋繊維を傷つける事が発生の大前提にありますが、実は筋トレのフォームが乱れて狙った筋肉にしっかり刺激が入らない事はよくある話で、特に筋トレ初心者の方やひたすら自己流トレーニングを行ってしまっている方には多いのです。

 

シンプルにダンベルカールを行うだけにしても、知らない人は可動域が狭かったり全身の反動を使って持ち上げていたりするので、本来狙うべき上腕二頭筋に刺激が入らず、狙った部位が筋肉痛にならないので単に疲れるだけの筋トレをしているという非常にもったいない話になってしまいます。

逆にしっかりと筋肉に刺激が入れば筋肉の修復には2~3日はかかるので、むしろ筋肉痛が2日続くことは当たり前。

 

場合によっては4~5日続くこともありますが、筋肉に与える負荷が強すぎた場合は損傷もひどくなるので修復に時間がかかるという事です。

筋肉痛はあなたの努力に対する正しい結果ですので、筋肉が成長する過程の痛みとして受け入れてあげましょう。

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

筋肉痛が2日続くのはいいこと。

一般的に筋肉痛と呼ばれる遅発性筋肉痛は、筋トレによって損傷した筋肉が回復する時に発生する炎症による痛みです。

 

筋肉の回復には2~3日は必要で、回復後には以前より筋繊維が太く強くなる超回復が起こるため、多くの筋トレファンはこれをトレーニングが効いたかの目安として考えています。

筋肉痛が2日続いているというのは辛いですが、筋肉が正しく負荷を受けて損傷し、超回復に向けて修復をしているという証拠でもあるのです。

 

この修復には2~3日は必要になるので筋肉痛が2日続いても当たり前の話になり、努力に対する正しい結果として筋肉痛が発生しているので、筋肉が成長する過程の痛みとして受け入れてあげましょう。

 

大丈夫です。これを読んでいるあなたなら出来ますよ。

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング