筋トレ

筋トレ後に筋肉痛にならないけど効果あるの?ならない理由を教えて!

Pocket

「今日も筋トレを頑張った!明日は筋肉痛だな!」と思っていたら、全然筋肉痛にならなくて「トレーニングが足りなかったのかな…」と不安になった経験、あなたにはありませんか?

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私にもあります。がっつり筋トレを頑張って、「もー無理だわ。プロテイン飲んでシャワーして寝よう。」と思うほどに追い込んだはずなのに、翌日全然筋肉痛が来なくて「あれ…?まさか効果なかったのか?」と不安になった事が。

結論から言うと、

 

筋トレをしても筋肉痛にならないという事はあるが、しっかり筋トレを行っているなら効果はある。

 

では何故筋トレをしても筋肉痛にならないのか、筋肉痛にならなくても効果があるのか。今回はこの2つについてお話ししますね。

 

筋トレ後に筋肉痛にならないのは何故?

skeeze / Pixabay

 

思いっきり筋トレをしたはずなのに筋肉痛にならないというのは不思議ですよね。実際、筋肉痛が発生するメカニズムは完全には解明されておらず、現在最も有力なのは筋トレの負荷で損傷した筋繊維が修復する時に発生する炎症と言われています。

では筋繊維が修復する際に発生するはずの筋肉痛に何故ならないのか。その理由はいくつかあるので1つずつ見ていきましょう。

 

筋繊維の修復が早く終わっている

 

筋肉のコンディションが良い場合は傷ついた筋繊維の修復が早く終わる場合もあるので、痛みを感じない事もある。これは、筋肉の修復に必要な栄養や休養がしっかりとれているという事であり、健康的なライフスタイルが確立されているという意味でもあるのです。

筋肉のコンディションが良い状態では、普段より高負荷でもより長時間扱う事が出来るので、結果としてトレーニングの質も良くなります。健康的な生活は筋肉を育てるには最高の環境と言えるでしょう。

 

筋肉が刺激に適応している

 

体感的な表現ですが、筋肉痛は普段使わない筋肉を使った時普段以上に筋肉を使った時に起こりやすいので、普段行わない部位の筋トレをした時などはかなり筋肉痛が発生しやすくなります。

しかしその部位の筋トレを継続することで「普段使う筋肉」となった場合、筋肉は負荷に慣れてしまい、筋肉痛になりにくくなる。また、筋トレを続ける事で身体の中で筋肉を損傷から守る仕組みが出来てきますので、筋トレをしても筋肉痛にならないようになってくるのです。

ただし、筋肉痛になっていないだけで筋肉は損傷している場合もあるので、しっかり筋トレをした後なのに筋肉痛がなかった場合も2~3日は休養をとる方がいいでしょう。

 

筋肉への負荷が足りない

 

純粋に筋肉への負荷が軽すぎて十分な筋トレがされなかった場合は筋肉痛になりません。低負荷での筋トレはアンダーワークと呼ばれ、有酸素運動に近いものとなり筋肉を強くする事には適さない。

筋肉を強化したいのであれば高負荷でしっかりと筋肉を追い込むトレーニングを行いましょう。

 

筋トレ後に筋肉痛にならなくても効果はあるの?

jarmoluk / Pixabay

 

筋トレ後に筋肉痛にならなくても効果はある。

 

そもそも筋肉痛は筋肥大の絶対条件ではありません。筋肉痛は筋肉に負荷をかける事で筋繊維が損傷し、それを修復する際に発生する痛みと言われているので、ある程度筋肉を追い込めたという1つの指標と言えます。その修復が超回復であり、筋肥大に必要な事は間違いありません。

 

では、何故筋トレ後に筋肉痛にならなくても効果はあるのか。

その理由は2つあり、1つは筋肉が負荷に適応してくることで筋肉痛を感じなくなる事。筋トレに体が慣れてくると筋繊維が損傷していても筋肉痛にならない事もあります。ですが筋肉痛が無くてもしっかり筋トレをした後ならば筋繊維は損傷しており、筋繊維が損傷している以上超回復もするので、筋肉痛が無くても筋肥大は起こるという訳です。

 

もう1つは、成長ホルモンの分泌による筋肉の成長促進。

筋トレを行う事で筋肉内に乳酸が発生し、乳酸が発生すると成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが筋肉の材料になるたんぱく質を体内で合成しているため、筋肉を強化する上で重要な役割を担っているのです。

 

つまり、筋肉がトレーニングに慣れて筋肉痛を感じなくなり、成長ホルモンの分泌で筋肉の成長が促進されるので、筋肉痛にならなくても筋トレの効果はある。

 

1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテインとは?

 

どうしても筋肉をつけたい方は、1日2回飲むだけでトレーニング効果を高められるHMB配合プロテインを活用すべき。

というのも、どんなにトレーニングをしてもなかなか筋肉がつかない原因は栄養不足だから。

 

栄養不足の状態でトレーニングを行っても筋肉の合成を上回る速さで筋肉が分解されてしまうため、思うように筋肉がつかないのです。

しかし、通常のプロテインでは十分な栄養を摂取出来ないため、多くのサプリで補う必要があります。

 

その点、このHMB配合プロテインなら通常のプロテインでは補えない栄養まで豊富に含まれているため、トレーニング前と就寝前の2回の摂取を続ける事で筋肉がつきやすい身体になります。

更に、同じ内容を通常のプロテインとサプリでそろえた場合と比較すると、コストパフォーマンスが圧倒的に優れている事も魅力。

 

 

抹茶ミルク味とミックスベリー味があるHMB配合プロテインは、牛乳と混ぜる事で美味しくいただけます。

そんなHMB配合プロテインは、今なら公式サイトから初月50%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。

 

→“1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテイン”の公式サイトはこちらをクリック!

 

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

筋肉痛が無ければ実際筋肉が成長しているのか不安になる気持ちもよくわかりますが、筋肉痛にならなくてもしっかり刺激を与えていれば筋肉は成長しますので、あくまで目安程度の認識で大丈夫です。

ただし、筋トレの負荷が軽すぎて筋肉痛にならない場合はしっかり筋肉を追い込む負荷にし、トレーニングの質を高めましょう。

 

しっかり筋肉を追い込んでも筋肉痛にならない場合は、あなたの努力に筋肉が答えて強く成長してきている証でもあります。

なので、筋肉痛が来なくてもあまり不安に感じる必要はありませんよ。

 

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング