筋トレ

【筋トレと有酸素運動】筋肥大をしたいのに筋肉が減ってしまう理由!

Pocket

シュッと締まった細マッチョになりたくて筋トレと有酸素運動を行っている方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、あなたがまずは筋肉をつけることを目的としている場合、筋トレと有酸素運動を同時に行っていて筋肉がついてきた実感はありますか?

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私は小学生の頃に細く頼りない貧弱な自分の身体が嫌で筋トレをはじめましたが、筋肉をつけたいという目的と筋肉をつけるための運動が一致していなかったため、細マッチョになるのに何年もかかってしまいました。

筋トレに目的があるのならばそれに応じた正しいその行動や順番があり、逆にそれが出来ていないとあなたが目的としている事の実現は遠くなってしまうのです。

私がここでお伝えしたいことはただ一つ。

 

目的に応じた運動を行う事で簡単に理想とする身体へ近づける。

 

理想の身体を手に入れるには闇雲な運動だけでは非常に難しいです。

あなたの目的が筋肥大であるならば、有酸素運動と筋肥大の関係を知る事は理想に近づく大きな一歩となるでしょう。

 

筋トレと有酸素運動!筋肉が減るのは何故?

 

筋トレと有酸素運動をして筋肉が減るのはそもそも筋トレと有酸素運動の効果を知らない事が原因です。

筋トレは筋肥大を目的とした運動で、トレーニングの負荷で筋繊維を傷つけて、修復させることで以前より強く太い筋肉を作る超回復という効果を利用して筋肥大を目指しています。

 

有酸素運動はダイエットを目的とした運動で、低負荷の運動を長時間行う事で脂肪を燃焼させる効果がありますが、長時間行いすぎる事で筋肉まで分解されてしまうというデメリットもあります。

つまり、筋トレと有酸素運動はそもそもの目的が全くの逆であるので、闇雲に行っても双方の効果を引き下げるだけになりかねない。

 

そしてもっともありがちなのは、下半身の筋トレと称して筋トレ後にランニングを長時間行う事。

ランニングのために筋トレで追い込みすぎないように体力を温存したり、1時間などの長時間ランニングを行うと、有酸素運動を優先しているという事になるので、筋肉の合成量以上に分解される量が多くなるため、筋肉が減ってしまうのです。

 

トレーニングの基本として、筋トレは増量、有酸素運動は減量という目的と効果がある事を覚えておきましょう。

 

筋肥大という目的に応じた運動を優先的に行う!

skeeze / Pixabay

 

あなたが頑張って筋トレと有酸素運動に励んでいても中々筋肉がついてくれないと感じているなら、原因は有酸素運動を優先してしまっている事にある。

有酸素運動はあくまで脂肪燃焼の減量目的の運動ですので、これを優先しても筋肥大はしませんし、長時間実施すると筋肉までどんどん分解されて逆に細くなってしまいます。

 

つまり、目的の筋肥大とは全く異なった運動をしているからいつまでも効果が出ない。

単純にこれが原因なのです。

 

そのため、筋肥大が目的のあなたがこれからすべき事は何かというと非常にシンプル。

 

有酸素運動をやめて筋トレに集中する。

 

これだけです。

「筋肉痛時に有酸素運動を行って筋肉痛の回復を促進」とかも、全く行う必要はありません。

 

筋肥大が目的ならば、筋トレで限界まで筋肉を追い込み、運動直後にプロテインを摂取し、ご飯をしっかり食べてたんぱく質やカロリーを補給し、しっかりと寝る事。

そして筋肉痛になっている時は不必要に身体に負荷をかけずにしっかりと休養し、筋肉の回復に努める事がとても重要です。

 

要はがっつり筋トレして、がっつりご飯食べて、がっつり休むという事であり、これが筋肥大の基本です。

そんな生活したら太るんじゃない?とおもいますよね。

 

その通りです。筋トレは増量ですから筋肉の重量で体重は確実に増えます。

ここで太りたくないと思うあなたは、おそらく私と同じ痩せ型なのでしょうが、私の経験上、何もしていなければ筋肉も脂肪もろくにつかないような体質ならば早々太ることはないでしょう。

 

むしろ太った方が筋肉は付きやすいですし、太っても脂肪を落とす方法はあります。

あなたが「筋肥大をさせたい、筋肉をつけたい」と思うのならば、それを目指した運動、行動を行っていきましょう。

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

筋肥大したいのに筋肉が減ってしまうのは、有酸素運動を優先してしまっているから。

有酸素運動には筋肥大効果はありませんし、逆にやりすぎると筋肉が分解されてしまうため、筋肥大の目的とは全く違う方向性になります。

 

そのため、筋肥大を目的とするなら有酸素運動を行う必要はないのです。

筋肥大が目的ならば、筋トレで限界まで筋肉を追い込み、運動直後にプロテインを摂取し、ご飯をしっかり食べてたんぱく質やカロリーを補給し、しっかりと寝る事。

 

この筋肥大の基本を行う事が何より重要になります。

目的に応じた運動を行う事で簡単に理想とする身体へ近づけるが、そのためには必要ない事を断捨離すること。

 

何事も行動したもの勝ちですよ。

やればあなたも変わります。

 

大丈夫です。これを読んでいるあなたなら出来ますよ。

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング