筋トレ

次の日筋肉痛にならない方法!歩けないほどの筋肉痛にならない予防法

Pocket

久しぶりに運動や筋トレを行うとどうしても次の日に激しい筋肉痛に見舞われてしまう事ってありますよね。

その結果、頑張って継続しようと思ったのに痛みで継続できなくなり、そのまま習慣化できずにフェードアウトというのもよくある話ではないでしょうか。

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私もそうです。久しぶりにトレーニングをやってみたら激しい筋肉痛になった事があり、回復するまでまたトレーニングをしなかったことで「今日はいいかな」を繰り返して中々習慣化が難しかった経験があります。

しかし、結論から言いましょう。

 

次の日筋肉痛にならない方法はある。

 

久々の筋トレの懸念である激しい筋肉痛にはちゃんと対処法があるのです。

では、そもそも何故久しぶりの運動で激しい筋肉痛になってしまうのか、そしてその予防法とはどのようなものかをお話していきましょう。

 

歩けないほどの筋肉痛になってしまう原因とは?

 

久しぶりに運動や筋トレをすると歩けないほどの筋肉痛になってしまう事が多いですが、そもそも何故それほど強い筋肉痛になるのでしょうか。

実は筋肉痛については現代医学でもはっきりとメカニズムが解明されておらず、有力な説として言われているのが、筋トレや運動によって傷ついた筋繊維が修復する際に発生する炎症による痛みということです。

 

筋繊維が傷つくから修復が必要になって筋肉痛になるわけですが、実は筋肉にも傷つきやすい種類があります。

それが速筋と言われる筋肉で、短時間で大きな力を発揮するのが特徴があり、筋肥大しやすいので筋トレで主に鍛えるのは速筋です。

 

筋肉には2種類あり、1つが速筋でもう1つが遅筋と呼ばれる長時間の持久的な動作を得意とするあまり筋肥大しない筋肉で、この2種類で比較すると遅筋より速筋の方が老化しやすく、なまりやすい。

しかし、そんなこと普通の人は知りませんよね。

 

だから急激に運動をしてしまって速筋をズタズタに傷つけてしまい、歩けないほどの筋肉痛になってしまうのです。

そしてこれは過去に運動経験がある人ほど顕著であり、過去の運動経験という自分の栄光が記憶に残っているおかげで、なまっている筋肉に対しても「こんなもんじゃない」と過度の筋トレを行ってしまいます。

 

その結果、なまった速筋に急激に過度の負荷をかけてしまい、歩けないを通り越して起き上がれないほどの筋肉痛が長期間続いてしまうのです。

これを言い切れるのは、私がそうだったから。

 

過去の筋トレの経験という栄光にしがみついた結果、無残なほどに動けない激痛の筋肉痛地獄を味わった事があるので。

つまり、久しぶりに運動した人が強烈な筋肉痛になる原因は、なまった筋肉に過度のトレーニングや運動をさせてしまうからという事です。

 

次の日筋肉痛にならない方法はコレだ!

 

次の日筋肉痛にならない方法は筋肉を早く回復させてやる事

そのために必要なのが運動前のストレッチや準備運動、そして運動後のクールダウンと栄養補給、お風呂に入る、睡眠をしっかりとることです。

 

運動前のストレッチや準備運動を行う

 

久しぶりの運動の前と言うのは想像以上に筋肉はなまっていますし、筋肉自体が硬くなって血行が悪くなっている場合もあります。

血行が悪いと筋トレ中に発生する老廃物質や疲労物質が筋肉中にたまり、筋肉痛の原因となるのでしっかりストレッチと準備運動を行って筋肉をほぐして血行を促進しておくことが大事です。

 

運動後はクールダウンで身体の負担を減らそう

 

運動やトレーニングを急に辞めてしまうと身体や心臓に負担をかけてしまいます。

運動後にさらに走るのは辛く感じますが、軽いランニングから徐々にペースを落としていく事で急激に運動を辞めるよりも疲労は軽減されるので、取り組んでおくべきでしょう。

 

筋トレ後の栄養補給は必須

 

筋トレ後の45分以内はゴールデンタイムと言われる最も栄養が効率的に吸収されやすい時間です。

この間にプロテインを摂取することでたんぱく質が体内に素早く取り込まれ、いち早く筋肉の修復に入ってくれるので筋肉痛の予防に非常に効果的となります。

 

お風呂に入って血行促進

 

ゴールデンタイムに取り込んだ栄養を損傷した筋繊維に届けるには血行を良くするしかありません。

お風呂に入ってゆっくり湯船につかるだけで筋肉痛の予防、回復には効果がありますので、非常に手軽の行えるのが魅力です。

 

また、運動後やお風呂上りは汗をかいて水分を失い、血液がドロドロになっているのでしっかり水便補給も行いましょう。

 

寝ている間に筋肉を治す

 

寝ている間に分泌される成長ホルモンは筋肉の回復に大きく貢献してくれます。

特に22~2時が一番分泌されやすい時間帯であるため、規則的な生活を心がける事が大事と言えます。

 

また、睡眠中の筋繊維の回復を助けるためにも寝る前にプロテインを摂取しておくと良いでしょう。

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

次の日筋肉痛にならない方法はある。

歩けないほどの筋肉痛になってしまう原因は、なまった筋肉に急激に過度な運動をさせるからです。

 

次の日筋肉痛にならない方法は筋肉を早く回復させてやる事。

そのために必要なのが運動前のストレッチや準備運動に栄養補給、そして運動後のクールダウンと栄養補給、お風呂に入る、睡眠をしっかりとることです。

 

やるべきことは決して少なくありませんが、どれか1つ実施するだけでも筋肉痛の症状を軽くする事ができるので、まずはやってみましょう。

 

大丈夫です。これを読んでいるあなたなら出来ますよ。

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング