筋トレ

明日筋肉痛になりそう?筋肉痛の予防に繫がる食べ物とは!

Pocket

筋トレや運動を行っているとなんとなく感じるのが、明日筋肉痛になりそう、という予感。

しかし、実際来るかもしれないとわかっていながらも何も対策をとらない事の方が多いのではないでしょうか。

 

ようこそ、我が同志よ!

 

私もそうです。筋トレ後や運動後に「筋肉痛になるやろなぁ…」と感じていながらも何もしないで、ただ筋肉痛になるだけの日々を送っていました。

結論から言いましょう。

 

筋肉痛予防に繫がる食べ物がある。

 

運動後にストレッチや運動と聞くとどうしても抵抗が生まれる方も少なくないでしょうが、食べるという事であれば比較的受け入れやすいのではないでしょうか。

そんな筋肉痛の予防に繫がる栄養や食べ物をここでは紹介していきますね。

 

明日筋肉痛になりそう?筋肉痛になる仕組みとは!

Hans / Pixabay

 

筋トレや運動をしていると一度は「明日筋肉痛になりそう」という予感を感じたことはあるのではないでしょうか。

しかし筋肉痛については現代医学をもってしてもそのメカニズムを全て解明することが出来ておらず、有力な説として、筋トレや運動で傷ついた筋繊維が修復される際に発生する痛みとされており、私たちが日常的に使う筋肉痛という言葉が示す「遅発性筋肉痛」の仕組みです。

 

遅発性筋肉痛は筋繊維の修復が始まってから痛みを感じるため、運動から1~2日後に痛みが発生し、回復までに2~3日は必要とされます。

しかし完全に仕組みが解明されていない筋肉痛に対して何故なるかもしれないという予感がするのかというと、あなたが筋肉痛になりやすい運動を直感的に知っているから。

 

筋肉痛になりやすい動作はエキセントリック動作と呼ばれる、本来発揮する力の向きとは逆方向に引っ張られながら力を発揮する運動を行う事と言われており、例を挙げると腕立て伏せで身体をゆっくり胸がつくまで下げていく動作がエキセントリック動作です。

しかし、そんな理屈よりもっとわかりやすい原因があり、それは普段使っていない筋肉を使った時。

 

普段車にばかり乗って走る事もない人が急に友人らと全力でサッカーを行った場合、間違いなく筋肉痛になる予感がしますよね。

このような状況になった際に、あなたはこれまでの経験から翌日の筋肉痛を予感できるのです。

 

そして予感が出来るならある程度対策が出来るという事でもあります。

まずは普段使っていない筋肉を使うと筋肉痛になりやすいという事を覚えておきましょう。

 

筋肉痛は食事で予防!筋肉痛前に摂るべき栄養とは!

jill111 / Pixabay

 

筋肉痛の対策ですが、事前にしっかり準備運動をする、終わってからクールダウンでさらに走る、栄養をしっかり摂る、血行を良くする、しっかり睡眠をとるなどが効果的なのですが、正直運動前に運動するのも運動後に更に走るのも辛いですし嫌ですよね。

そこで摂るべき栄養と、それを摂取するために食べるべきものをここではお話ししましょう。

 

まず、筋肉痛の原因が傷ついた筋繊維を回復する事であるため、筋肉の素となるたんぱく質の摂取は絶対に外せません。

また、運動時のエネルギー効率を高める効果があるビタミンB1、筋肉の合成を促進してくれるビタミンB6、そしてたんぱく質を筋肉に作り替える際に必要な大量のカロリーが主に必要な栄養になります。

 

運動直前は軽めの食事でたんぱく質や糖質(炭水化物)を摂る事がおすすめです。

というのも、運動やトレーニングでは筋肉や肝臓のグリコーゲンがエネルギー源として使われるため、何も食べないまま行うとエネルギーが枯渇し、最悪の場合筋肉が分解されしまいます。

 

そのため、筋肉の材料であるたんぱく質とエネルギーとなる糖質は取っておくべきなのです。

メニューとしてはパン、おにぎり、麺類、バナナなどがおすすめで、たんぱく質に関してはプロテインで手軽に摂取するといいでしょう。

 

運動直後は基本的に内臓を含めた身体全体が疲弊した状態にあるので、食べやすい物、消化しやすい物が理想的

そこで運動直後にまず摂取してほしいはプロテイン。

 

運動直前でも飲んだのにまた?と思うかもしれませんが、プロテインは肉や魚に比べて消化吸収の効率が非常に良く、運動後の身体にたんぱく質を補給するなら間違いなく最良の食品です。 

また、プロテインの成分にはビタミンB6も含まれているため、筋肉の合成を促進する効果もあります。

 

たんぱく質は糖質と組み合わせて摂取することで筋良く合成効果が促進されるので、パン、おにぎり、麺類、バナナなどで運動後にあなたが食べやすい物を選んで食べるとなお効果的。

運動前後の栄養摂取を行う事で常に体内に栄養がある状態になり、筋肉の修復を最速で始められるので筋肉痛の予防に効果を発揮するのです

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

筋肉痛予防に繫がる食べ物がある。

筋肉痛は筋トレや運動で傷ついた筋繊維が修復される際に発生する炎症による痛みで、普段使っていない筋肉を使うと筋肉痛になりやすくなります。

 

筋肉痛の原因が傷ついた筋繊維を回復する事であるため、筋肉の回復をもくてきとした栄養を施主することが非常に重要。

そのため筋肉の素となるたんぱく質の摂取は絶対に外せませんし、筋肉の合成を促進するビタミンB6、筋肉の合成時に必要なカロリーは摂取しておくべきでしょう。

 

運動前後の栄養摂取を行う事で常に体内に栄養がある状態になり、筋肉の修復を最速で始められるので筋肉痛の予防に効果を発揮します。

パン、おにぎり、麺類、バナナなどとプロテインを摂取し、明日あなたの筋肉痛の予防をしていきましょう。

 

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング