筋トレ

胸筋が筋肉痛にならない!ベンチプレスの効果の確認は筋肉痛を使え!

Pocket

胸板がある事は細マッチョの必須条件であり、胸筋を鍛えるためためのトレ―ニングと言えばベンチプレスです。

しかし、頑張ってベンチプレスを行っているのに中々筋肉痛になってくれないトレーニングが効いたのか不安になってしまいますよね。

 

ようこそ、我が同志よ。

 

私も同じです。頑張って鍛えても中々筋肉痛になってくれない時は、トレーニングに効果があったのか本当に不安でした。

しかし、トレーニングにおいて問題は筋肉痛にならない事ではなかったのです。

 

結論から言いましょう。

 

筋肉痛にならなくても筋トレの効果はあるし、狙った部位以外が筋肉痛になっている場合が問題。

 

別に筋トレしたからって筋肉痛になるとは限らないですし、むしろ大胸筋を鍛えたいのに他の部位ばかりが筋肉痛になる方が問題なのです。

では、なぜ筋肉痛にならなくてもいいのか、そして狙った部位以外が筋肉痛になることの問題について、ここでお話ししていきましょう。

 

筋肉痛にならない事は問題ではない!

 

筋肉痛になる事が筋トレの効果を確認する方法とおもっていませんか?

筋トレをする人、しない人に関わらず、多くの人々が「筋肉痛になる事=筋トレの効果があった、筋肥大する」という勘違いをしています。

 

実際、筋肥大の仕組みとして有名なのが超回復理論であるため、筋トレで筋繊維を傷つけて修復させることで筋肥大されるという事は間違いではありませんし、「筋肉痛になる=筋肥大」というのも全くの間違いではありません。

ではなぜ、「筋肉痛になる事=筋肥大(筋トレの効果があった)」という事が勘違いなのか。

 

答えは、筋肉痛自体の仕組みが未だにはっきりと解明されていないから。

現代の医学では筋肉痛の仕組みが解明されていないため、筋肉痛は筋トレによって損傷した筋繊維が修復される際に発生する炎症による痛みという説が有力ではあるものの、それで100%筋肉痛の説明がつくというものではありません。

 

また、筋肉痛にならなかった人が必ずしも筋肥大をしなかったという訳でもないのです。

そのため「筋肉痛=筋肥大」という式になるわけではないので、トレーニング効果と筋肉痛には関係がないとという事になります。

 

つまり、正しくトレーニングをしていれば筋肉痛の有無にかかわらず筋肉は成長して行く。

筋肉痛になる事は、その部位に刺激が入ったかの目安にはなりますが、筋肉痛になる事が筋トレの目的ではないため問題ではないのです。

 

1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテインとは?

 

どうしても筋肉をつけたい方は、1日2回飲むだけでトレーニング効果を高められるHMB配合プロテインを活用すべき。

というのも、どんなにトレーニングをしてもなかなか筋肉がつかない原因は栄養不足だから。

 

栄養不足の状態でトレーニングを行っても筋肉の合成を上回る速さで筋肉が分解されてしまうため、思うように筋肉がつかないのです。

しかし、通常のプロテインだけでは十分な栄養を摂取出来ないため、多くのサプリで補う必要があります。

 

その点、このHMB配合プロテインなら通常のプロテインでは補えない栄養まで豊富に含まれているため、トレーニング前と就寝前の2回の摂取を続ける事で筋肉がつきやすい身体になります。

更に、同じ内容を通常のプロテインとサプリでそろえた場合と比較すると、コストパフォーマンスが圧倒的に優れている事も魅力。

 

 

抹茶ミルク味とミックスベリー味があるHMB配合プロテインは、牛乳と混ぜる事で美味しくいただけます。

そんなHMB配合プロテインは、今なら公式サイトから初月50%OFFで購入できるので、下記で確認してみてください。

 

→“1日たった2杯!トレーニング効果を圧倒的に高めるプロテイン”の公式サイトはこちらをクリック!

 

 

ベンチプレスで大胸筋だけ筋肉痛にならない場合の問題点

 

筋トレにおいて問題となるのは、狙った部位にしっかり刺激が入っていない事。

ベンチプレスで言えば大胸筋、上腕三頭筋、三角筋がメインターゲットになるので、フォームやトレーニング方法によって胸筋を狙うか上腕三頭筋を狙うかなどを変えていくことになります。

 

仮に大胸筋の発達を狙ったトレーニングを行ったとして、上腕三頭筋や全く関係ない腹筋や太ももが筋肉痛になってしまい、肝心の大胸筋が全く筋肉痛になっていない事が大問題なのです。

特に初心者の方は上腕三頭筋にしか筋肉痛が来ないという話が多く、この場合はベンチプレスの正しいフォームが出来ていない事が問題。

 

ベンチプレスは肩甲骨を寄せながらバーベルを押し上げる事で大胸筋に負荷をかけますが、これを腕力に頼って強引に押し上げていては腕にしか負荷が来ませんよね。

また、バーベルを握る際の手幅によっても刺激される筋肉が大きく変わり、肩幅より1.6倍広いくらいでは大胸筋にしっかりと刺激が入り、手幅が狭すぎると上腕三頭筋に主に刺激が入ります。

 

このようにフォームのわずかな差でも大胸筋に負荷が入らくなり、上腕三頭筋にしか筋肉痛がこなくなるのです。

筋肉痛自体は筋トレの効果というわけではありませんが、筋肉痛になるという事はその部位に刺激が入ったということにはなります。

 

あなたのトレーニングがどの筋肉に効いたのか、狙った部位に刺激が入ったのかを判断する際には筋肉痛を利用し、トレーニングの正誤を確認するといいでしょう。

 

まとめ

teamsmashgame / Pixabay

 

筋肉痛にならなくても筋トレの効果はあるし、狙った部位以外が筋肉痛になっている場合が問題。

 

「筋肉痛になる事=筋トレの効果があった、筋肥大する」という訳ではないのです。

実際、筋肥大の仕組みとして有名なのが超回復理論であるため、筋トレで筋繊維を傷つけて修復させることで筋肥大されるという事は間違いではありませんが、筋肉痛にならなかった人が必ずしも筋肥大をしなかったという訳でもありません。

 

ですので、筋トレにおいて問題となるのは、狙った部位にしっかり刺激が入っていない事。

筋肉痛になるという事はその部位に刺激が入ったということにはなるので、逆に筋肉痛になっていなければその部位に刺激が入らなかった事になります。

 

多くの場合その原因はトレーニングのフォームにあるので、あなたのトレーニングがどの筋肉に効いたのか、狙った部位に刺激が入ったのかを判断する際には筋肉痛を利用し、トレーニングの正誤を確認するといいでしょう。

 

共に細マッチョを目指して邁進しましょう!

 

 

この記事を気に入って頂けましたら、下記のバナーのクリックで応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニングランキング